본문 바로가기

YEONGDEUNGPO

Mecca of knowledge-based
industries and the financial.

位置と地域の特性

>ヨンドゥンポ(永登浦)区紹介 >位置と地域の特性

地域の特性

首都圏西南部の最大拠点都市
政治、金融、言論、業務の複合機能地域
都心と郊外周辺地域を連結する交通の要衝地
京仁地域事業発展の根源地

来歴

高宗13年(1876年)、「高宗実録」でソウルを守る主な河港として歴史に登場したヨンドゥンポ(永登浦)は、その後韓国の近代化と共に成長・発展してきました。

朝鮮時代

主に京畿道始興県下北面(ヨンドゥンポドン(永登浦洞)、シンギルドン(新吉洞))、上北面(タンサンドン(堂山洞)、トリムドン(道林洞)、ムルレドン(文来洞)、ヤンピョンドン(楊坪洞)、テリムドン(大林洞))、南山面(ヤンファドン(楊花洞))に属しました。ヨイドン(汝矣洞)は漢城府延禧坊に所属し、牧馬場としての機能を担いました。

日本植民地時代

京仁線、京釜線の開通と合わせて、京畿道始興郡の郡庁の位置を下北面永登浦里に移転し、永登浦里が交通、商業の中心地として急速に成長・発展しました。その後、日帝京城府に編入され、1945年に解放を迎えて今のソウル市管轄のヨンドゥンポ(永登浦)区になりました。

近代

産業化過程を経ながら急速に人口が増加するに伴い、ヨンドゥンポ(永登浦)区は1973年クァナク(冠岳)区、1977年カンソ(江西)区、1980年クロ(九老)区をそれぞれ分立させ、面積 24.37㎢、18の行政洞で現在に至っています。

位置と環境

location map of Yeongdeungpo-gu, seoul
location map of administrative dongs, Yeongdeungpo-gu

位置

ヨンドゥンポ(永登浦)区はソウルの南西側でハンガン(漢江)の南端に位置しており、ハンガン(漢江)と3つの支流で形成された地域で、高低差が60m以内で緩やかな地形を形成しています 国鉄及び地下鉄2・5・7・9号線とヤンファデギョ(楊花大橋)をはじめとする5つの大橋が繋がり、自動車、地下鉄、鉄道路線を網羅した西南圏の交通の中心地で、全国とソウルを繋ぐ関門の役割を担っています 特に、ヨンドゥンポ(永登浦)区ヨイド(汝矣島)は国会議事堂が位置している大韓民国の民主主義政治の産室であり、KBS放送局などが位置している韓国言論の中心地として確立しています。「韓国のマンハッタン」と呼ばれるヨイド(汝矣島)は、証券取引所をはじめとする証券タウンや銀行、ソウル国際金融センター(SIFC)などが入り、国際金融都市としての地位を高めています。

環境

ソウルで唯一山のないヨンドゥンポ(永登浦)は、ヨイド(汝矣島)~ハンガンセッカン(漢江支流)~ヨンドゥンポ(永登浦)アニャンチョン(安養川)へと繋がるグリーンベルトを中心に公園を造成し、エコ都市の造成を積極的に行っています。 1986年にハンガン(漢江)市民公園、1997年にヨイド(汝矣島)セッカン生態公園が開園したことに続き、1998年にOBビール工場の移籍地にヨンドゥンポ(永登浦)近隣公園が、ヨイド(汝矣島)広場にヨイド(汝矣島)公園が造成されました。2002年にソニュ(仙遊)浄水事業所移籍地に作られたソニュド(仙遊島)公園まで、持続的な緑地空間の拡充で住民に快適な休息と余暇活動の空間を提供しています。今後、ハンガン(漢江)、セッカン(支流)、アニャンチョン(安養川)、トリムチョン(道林川)を結ぶ20.3kmの「水辺生態循環道」を造成し、住民が一年中変化する水辺の景観を観賞しながら疲れた心身をリフレッシュできるようにする計画です。

콘텐츠 만족도 조사

이 페이지에서 제공하는 정보에 대하여 어느 정도 만족하셨습니까?

만족도 조사

담당자 정보

  • 최종수정일 2019.10.21