Menu Shortcuts


Left Navigation


Content

伝統文化まつり

    • Home
    • 永登浦区のまつり
    • 伝統文化まつり

永登浦区のまつり

伝統文化まつり
永登浦端午ハンマダンまつり
期間: 5月末
会場:永登浦公園
毎年陰暦5月5日を前後して永登浦文化院の主管で開かれる端午ハンマダンまつりでは、韓民族固有の歳時が再現され、区民に伝統文化と体験の機会を提供している。(韓国相撲)王選抜、ブランコ、ユンノリ、タクサウム王選抜、チェギチャギ、投壷遊び、ノルティギなど、誰でも自由に参加できる多彩な行事が繰り広げられる。この他、幼稚園児と小学生の長寿孝行写真撮影イベントなどが開かれる。また、永登浦文化院公演チームによる多彩な民俗公演が行われ、韓国民族文化の美を鑑賞することができる

正月デポルムまつり
期間: 2月中
会場: 梧木橋及び安養川河川敷
正月」は一年の最初の月を意味し、「デポルム(大きな十五夜の月)」は一年で最も大きい月という意味の陰暦1月15日のことだ。典型的な農耕社会だった過去の韓国において、正月の十五夜は一年の農作業の始まりと村落の住民の安寧と豊年を願う大切な名節だった。その伝統と歳時風習が現在にまで伝わっているのが正月デポルムまつりだ。この日、梧木橋と安養川の河川敷では人々が集ってユンノリや凧揚げ、クスルチギ、投壷遊びなどを楽しみ、デポルム行事の白眉であるチュィブルノリもする。空き缶に火を入れて回したり、空き地に火をつけたりするチュイブルノリは、1年の厄を焼き払うという意味を持つ伝統行事だ。この時期には汝矣島一帯の漢江の川辺に数多くの凧が上がる景色も演出される。

Yeongdeungpo-gu Office Information